漠然とした不安を減らし、心療や経営に集中できる環境をつくる 防型経営ビジョナリー・コンサルティング ~特長は『2階層アプローチ』によるコンサルティーション~

株式会社ユメオカ

採用、カリキュラム、空き時間活用…などやりたいが前進できない

こんにちは、『予防型経営★実践アカデミー』を主宰しています株式会社ユメオカの丹羽浩之と申します。
予防型歯科医院では「採用の仕組み、育成カリキュラム、新人教育、マーケティング、賞与・・」と院長が考えることが多くなります。治療型が院長中心で回っていたのに比べ、予防型はスタッフ中心に働き、院長は環境を整えることでチーム医療が上手く回りはじめるからです。

そして、予防型歯科医院の経営は、治療型と違い、院長にとってその1つ1つがはじめての経験のため「グルグル頭が回り、時間ばかりかかって、ちっとも前進しない」となりがちです。例えば、

  • 「スタッフが長期で定着するよう、育成カリキュラムみたいなものがあるといいな」
  • 「長期で定着してもらえるのは有難いが、このまま昇給し続けていくのは難しい、どういう方法があるか」
  • 「スタッフ向けにプレッシャーがかからず、医院の経営数字も分かってもらいたい」

というようにです。しかし実際、何から手を付けたらよいのか? 具体的にどういうアプローチをしていけばいいのか? よくわからず頭がグルグル回る感じになります。そんな時、

  • 参考になる考え方、他医院の事例はないか
  • サンプルとなる資料はないか

と思われるのではないでしょうか。それらがあれば、短時間で質の高いものができあがり、モヤモヤした気持ちも晴れて一歩ずつ前進できるはずなのに・・・と思われるでしょう。

しかし、テーマ毎にいちいち役立ちそうなセミナーを選ぶ時間もないし、テーマ毎に得意な先生に会いにいくのも、そんな時間的ゆとりはありません。

そのため、「考え方から事例紹介、サンプル資料」をもとに院長の思考のお手伝いをしたり、院長から直接話すより第三者からスタッフに話してもらった方が聞き入れやすいテーマについて、映像コンテンツとして提供できればと私は考えました。1教材1テーマで1本30~40分程度で提供しています。

1本30~40分で学べるテーマ別教材(映像&ツール)

そして、このような院長向けに『学ぶ、交わる、相談する』ことができる会員制のサービス「予防型経営★実践アカデミー」(毎月5,000円)を2017年にスタートしました。

ここでは「予防型経営★実践アカデミー」で毎月提供されるものから6本の映像コンテンツをピックアップして、皆様にご提供いたします。「予防型経営★実践アカデミー」用に制作した映像コンテンツの一部を単品としてご提供する理由は

  • 「予防型経営★実践アカデミー」に入会するか否かを映像コンテンツを見て判断したい
  • 自分で選択して映像コンテンツだけ購入したい(ただし、その都度購入手続きが必要)

という方のニーズに応えるためです。

1つの映像コンテンツは30~40分程度です。そのため、1時間以内の短時間のスタッフ・ミーティングでも活用できます。また、教材には映像コンテンツの他、リライト(文字お越し)、スライドを含めたテーマに関連する付録資料データとして、付いてきます。なお、提供される映像コンテンツもWEB配信になります。
(※)すべてデータでの提供のため、郵送なので送られる資料類はありません

単品で提供される映像コンテンツは次の6本で、すべて1本6,000円(税抜)になります。
決済方法はクレジットカードのみとなります。取り扱いクレジットカード ロゴ

■院長の思考の整理に使い、短時間で仕上げる『教材』

  • □『育成カリキュラム作成・活用法
    ~ 歯科医師、歯科衛生士版 ~』
  • □『20人以下の医院のための スタッフ昇給、賞与、院長報酬
  • □『空き時間の有効活用でより働きやすい医院へ』

■スタッフ向けに第三者から伝え、誤解を減らす『教材』

  • □『医院一丸になり患者さんに集中できる一人必要売上の共有』
  • □『日常では気づきにくい 予防型歯科医院で働くやりがい
  • □『給与明細の見方★院内勉強会』

※映像コンテンツの一部です

6本の『テーマ別教材』一覧

■院長の思考の整理に使い、短時間で仕上げる6本の補助教材

(※)全教材とも付録資料の他に「スライド」「リライト(文字お越し)」資料もデータで提供されます。
また、各教材の付録資料はWordやExcelで提供されるため、医院で編集可能です。

1『育成カリキュラム作成・活用法
~歯科医師、歯科衛生士版~』(31分)

「面接の時に求職者から教育について質問される」「カリキュラムは院長の頭の中にはあるが、紙には書き出していない」このような医院向けです。そして、求人・面接・入社・引継ぎの時に安心感を与えられるのが教育カリキュラムです。スタッフ15人以上で、スタッフの長期定着が必要になった医院はこれを参考にしながら、歯科医師・歯科衛生士の教育カリキュラムを作成してしまいましょう。

育成カリキュラム作成・活用法 ~歯科医師、歯科衛生士版~
<付録資料>
□歯科衛生士・育成カリキュラム(事例)Word形式
□歯科医師・育成カリキュラム(事例)Word形式
□育成カリキュラム・マインドマップ例PDF形式

2『20人以下の医院のための
スタッフ昇給、賞与、院長報酬』(52分)

「長期定着して欲しいけど昇給はいつまでも続けられない」この矛盾に悩む医院や「自分(院長)自身の給料はどれぐらいに設定すればよいか分からない」という医院向けです。
職種別に3つのステージ(役職)に分けて、給与の上限を決めてしまいます。それを入社時などに説明しておけば「永遠の昇給問題」に悩まなくて済みます。
スタッフ20人以下の医院では、しっかりした評価制度まで必要ないです、シンプルな制度で十分です。

20人以下の医院のためのスタッフ昇給、賞与、院長報酬
<付録資料>
□歯科衛生士・昇給設計シート(事例)Word形式
□歯科助手・昇給設計シート(事例)Word形式
□収支逆算で院長報酬を算出Excel形式

3『空き時間の有効活用で
より働きやすい医院へ』(25分)

「キャンセル発生時、スタッフがさぼっているわけじゃないが、して欲しい仕事をしていない」という悩みを持つ医院向けです。
この問題の解決方法は、職種別【キャンセル時優先順位業務】リストを作成しておくことです。これをスタッフと共有すれば、キャンセル時に院長がイライラしてしまう時間も減るでしょう。
スタッフ10人以上になり、院長がスタッフ1人1人指示できなくなってきた医院向けです。

空き時間の有効活用でより働きやすい医院へ
<付録資料>
□空き時間リスト(入力用)Excel形式
□空き時間リスト(事例1)Excel形式
□空き時間リスト(事例2)Excel形式

■スタッフ向けに第三者から伝え、誤解を減らす補助教材

4『医院一丸になり患者さんに
集中できる一人必要売上の共有』(34分)

「売上ノルマを設定したくないけど、歯科医師や歯科衛生士には一般的な一人当たり必要な売上基準は知っておいてほしい」このような医院向けです。
通常、勤務医や歯科衛生士は自分の売上と給料しか比較できないものです。しかし、彼らにこれを見てもらえば、かかっている経費から逆算して必要な売上基準を算出する方法が分かります。そして、勤務医や歯科衛生士の誤解も減ります。また、こういった話は院長からは話しにくい内容ですね。
勤務医を雇い入れ、歯科衛生士も3人以上いる医院向けです。

医院一丸になり患者さんに集中できる一人必要売上の共有
<付録資料>
□必要売上算出・問題シートWord形式

5『日常では気づきにくい
予防型歯科医院で働くやりがい』(39分)

予防型歯科医院で1年以上働いていると“やりがい“を見失ってしまうことがあります。というより、当初感じていた”やりがい”も当たり前に感じてしまいます。
そこで、予防型歯科医院のやりがいについて「患者・スタッフ・医院」の3つ観点でお話ししました。日常から一歩引いて、客観的に話を聞くことで“やりがい”について再認識するきっかけになります。
スタッフ10人以上の医院向けです。また、新人カリキュラムに、この「映像を見る」ことを追加できます。

日常では気づきにくい予防型歯科医院で働くやりがい
<付録資料>
□明日から実践シート(やりがい)Word形式

6『給与明細の見方★院内勉強会』(30分)

「給与明細を見ても税金ぐらいはわかるが、厚生年金・雇用保険など、他はよく分からない」「何のために払っているものか知らない」というスタッフは多いです。また、それらを院長から話しても、うまく伝わらないものです。
しかし、それらをスタッフが理解することで、働く意義を再認識し、医院が負担している費用についても知ることになります。
「厚生年金に入っている、これから入る予定にしている」医院向けです。これも新人カリキュラムに入れて活用できます。

給与明細の見方★院内勉強会
<付録資料>
□給与明細表(事例)PDF形式
□年金計算シートPDF形式
クレジットカード決済

【申込フォーム】映像コンテンツ&ツール(全6本)
1本 6,600円(税込)

お申し込みはこちらへ

【申込フォーム】映像コンテンツ&ツール(全6本)
1本 6,600円(税込)

お申し込みはこちらへ

ページのトップへ戻る