骨太の方針2019を読み解く!口腔機能管理の推進や医科歯科連携が加速する

ここ数年の国が発表する【骨太の方針】では、口腔健康と全身健康の関連性に着目した予防歯科推進、慢性疾患の患者さんに貢献する医科歯科連携の推進を前面に出しています。

具体的な対策としては『オーラルフレイル』をあげており、長年、歯科医師会が中心になって取り組んできた『8020運動』が進化しています。

これまでは単なる「口の中の健康、歯を残す」ことが主眼だったのですが「口の中を通じて全身健康、健康寿命の長期化」にシフトしていると言えるでしょう。

そこで【骨太の方針2019】を読み取り、歯科医院がどのような準備・行動をしていけばよいかを記述しました。

 

骨太の方針2019は2018から何が進化したのか

2019年6月に出された国の骨太の方針の中に次のような内容があります。

口腔の健康は全身の健康にもつながることからエビデンスの信頼性を向上させつつ、国民への適切な情報提供、生涯を通じた歯科健診、フレイル対策にもつながる歯科医師、歯科衛生士による口腔健康管理など歯科口腔保健の充実、入院患者等への口腔機能管理などの医科歯科連携に加え、介護、障害福祉関係機関との連携を含む歯科保健医療提供体制の構築に取り組む

ちなみに2018年の骨太の方針は下記のような内容でした。

口腔の健康は全身の健康にもつながることから、生涯を通じた歯科健診の充実、入院患者や要介護者をはじめとする国民に対する口腔機能管理の推進など歯科口腔保健の充実や、地域における医科歯科連携の構築など歯科保健医療の充実に取り組む

そこで、この2019年版と2018年版を比較して共通したポイント異なるポイントについて整理してみます。

昨年(2018年)と共通したポイントは

・口腔健康が全身健康につながる

・歯科口腔保健の充実

・医科歯科連携の推進

の3つがあげられます。

また、この1年の異なるポイントとして

・エビデンスの信頼性を向上させつつ、国民への適切な情報提供

・フレイル対策にもつながる口腔健康管理

の2つがあげられます。

エビデンスある情報提供やオーラルフレイルが、これから益々重要になります

この骨太の方針2019には口腔管理に対する具体的な内容が盛り込まれ、より進化していると読み取れます。

そこで「エビデンスを基にした情報提供」「フレイル対策からの口腔機能管理」といった観点で、患者向け情報提供を各医院さんでも進めておくことで、後で(加算された診療の導入がしやすいなどの)追い風が吹く可能性も高いです。

そして、このように時代の流れを読んで、一歩先にアクションをしておくことが、医院をさらに成長させることにつながります。

また、厚労省などからこれから発表される資料にも上記の2点に関する情報提供が加速するでしょう。

例えば、以前もご紹介しました厚労省が口からはじめる生活習慣予防という資料(スライド)の進化です。

「エビデンスを基にした情報提供」「フレイル対策からの口腔機能管理」という国の方針を見据えた医院の現場レベルの準備例は下記です。

・リコール患者さんへ各種公的なエビデンス情報の提供

(慢性疾患と口腔ケアの関連性、歯周病と他の病気など)

・オーラルフレイルの教育(初診カウンセリングや院内ミニセミナー)

・口腔機能管理と全身への影響の啓蒙

これらを行う上で、雑誌や公的な統計、DentalX(プラネット)から提供される情報もどんどん活用して土壌を作っておけば、これから決まってくる国の加算制度の導入もスムーズに進むはずです。

「フレイル対策からの口腔機能管理」に関する患者さん向け資料を集める

関連記事

予防歯科が医科歯科連携の切り札に! 歯科界が輝く時代に

厚労省のスライド(資料)がよくできています!これをリコールの中断対策に使います

 


▶採用・自立スタッフ育成・動画・数値管理で予防型歯科医院をアップデートする!


 



▶「4バランス・医院収支・脱院長依存」など経営教材


 


ABOUTこの記事をかいた人

丹羽 浩之

株式会社ユメオカ代表 丹羽浩之。ユメオカとは「夢とお金の作戦会議」の略。2004年に独立後、現在までに教材は30種類以上を開発し、全国3,000医院以上がユメオカ・ノウハウを活用し予防型経営に取り組んでいる。そして全国8名の提携コンサルタントによるコンサルティング、【会員制】予防型経営★実践アカデミー、【会員制】歯科『採用★定着』実践ラボを主催している。また予防歯科、予防医療の普及に最も精力を注いでいる。座右の銘は「得意淡然、失意泰然」。