歯科医院ホームページの反応アップのため、最後にすること

歯科医院のホームページを「スマートフォン対応にしたい」「デザインがだいぶ古いので新しくしたい」と思い、久々にリニューアルを手掛ける医院さんの話です。

新患につなげるためのホームページの最終ゴールは「きれいなデザインに仕上げること」ではなく「医院の考え方に合った患者さんを集めること」ですよね。

一方で、多くの医院がホームページ改修中に見落としていることがあるのも事実です。

これを行っていないために、成果につながらないことはよくあります。

今回は、その事例を記述しました。

スマートフォン対応になっていないホームページを改修する

西村院長(仮名)の例です。

15年以上前に、知り合いのホームページ制作会社に作成を依頼し完成してから、部分的に修正してきたが、これまで大きく変えることなく今までやってきました。

最初に作ったホームページは15年も前のものなので、デザインがだいぶ古くなってしまいっています。

当然、スマートフォンへの対応もできていないため、スマートフォンで見るととても見づらいホームページになっています。

この医院のホームページへのアクセス数をGoogle Analyticsで調べてみると、スマートフォンからホームページを見ている人は全体の70%を超えていました。

「これは、いよいよ何とかしないとな」と西村院長は考えていました。

そんな中、ホームページをスマートフォン用に自動変換してくれる『レスポンシブWEB』といったブログ形式のホームページ制作サイトがあり、しかも安価にできることを西村院長は知りました。

しかし、忙しさからホームページづくりを業者任せにすると「院長の想い」に沿ったものができない上に、時間がとられます。

そこで西村院長は、1,2月といった比較的予約に空きがある時期に、ホームページのリニューアルをすることに決めました。

1人で進めていると時間がかかると思った西村院長は、ユメオカのzoomコンサルティング(毎月30分)を受けながら、「理念の文面化や構成づくり、そして進捗管理」を二人三脚で進めていきました。

ホームページの出来は素晴らしい、でもそれで完了して大丈夫でしょうか

悩むスタッフ

最初の業者選びから3か月ぐらいで、念願の医院ホームページのリニューアルが完了しました。

出来上がったホームページは

・明るい雰囲気で院長の考えがよく反映されているもの

に仕上がりました。

しかし、西村院長や医院のスタッフはこのホームページづくりの過程をずっと見てきたため「一般の患者さんが見たらどう思うか?」が分からなくなってきました。

そこで、全く素人の方にこの新しいホームページを確認して頂くことにしました。

その方には事前に

1)どういう印象を持つか?

2)読んでいて分かりにくい点はないか?

3)その他気づいたことは?

の3点を伝え、確認していただきした。

すると次のような回答が返ってきました。

1)どういう印象を持つか?

「とても良さそうだけど、高そうな感じがする」

「保険が利くのかどうかわからず不安」

2)読んでいて分かりにくい点はないか?

「診療内容がいろいろと盛り込まれていて、どこを見たらいいか分かりづらい」

3)その他気づいたことは?

「先生は2人いるのか1人なのか分からない」

(院長の写真が現在のものと15年以上前の若い頃のものが混在していたため)

といった意外なフィードバックを受けました。

最後に素人目線のフィードバックを取り入れることで反応が大きく変わります

西村院長は、素人の方からのフィードバックを踏まえた改善案を出し、業者さんに改善してもらいました。

その結果、「院長の想いが反映されていて、患者さんが見てもわかりやすいホームページ」が完成しました。

院長自身もスタッフも「とてもよい感じに仕上がった」と思ったホームページでも、歯科医院について素人の患者さんが見ると「綺麗すぎてとっつきにくい感じがする、どこを見ればいいのかわかりにくい」などの、意外な落とし穴があるものです。

素人である患者さんにリニューアルしたホームページを見て欲しいため、やはり最終的に素人目線で見てもらえる方に確認いただく必要があることを西村院長は実感しました。

これはホームページに関わらず、院内の患者向け資料やスライド、また動画などにも当てはまります。

最後に「素人目線のフィードバックを受けてから完成させる」ことで、患者さんの反応が大きく変わることが多くあります。

その時に必要なのが、上述したように「どういう観点でフィードバックが欲しいかを3点ほど明記しておく」ことです。

そうしないと素人の方は「何を伝えたらいいか分からない」「遠慮して良いことしか言わない」となってしまうためです。

「素人目線のフィードバック」を必ず最後に取り入れることを習慣にしましょう。

1アクション
患者向け資料やホームページを作成した最後は3点書き出して一般の方に確認していただく

関連記事

予防歯科ホームページから予約を増やす為に必要な顧客目線の2つの視点

歯科集患はホームページから動画マーケティングが主流になる

関連教材

『予防型にシフトしていきたい』と思いながら、

・どのようにスタッフに浸透させたらよいか?

・患者さん教育の在り方はどう考えればよいのか

といった方向性の課題から、

・スタッフ中心医院での昇給制度

・キャンセル空き時間の活用

教育カリキュラム

といった現場レベルの課題まで色々と院長には考えることがあり1人で考えていると全然進まない、という方も多いでしょう。

このように考える院長向けに【予防型経営★実践アカデミー】の中から下記の7本を教材として単品(@6,000円)で提供しています。

1テーマごとに毎月30~40分ほどの映像コンテンツと医院で編集して使えるツール類を提供しています。

□『後継者問題を解決する40代からはじめる価値ある医院づくり』

□『育成カリキュラム作成・活用法  ~ 歯科医師、歯科衛生士版 ~』

□『20人以下の医院のためのスタッフ昇給、賞与、院長報酬』

□『空き時間の有効活用でより働きやすい医院へ』

□『医院一丸になり患者さんに集中できる一人必要売上の共有』

□『日常では気づきにくい予防型歯科医院で働くやりがい』

□『給与明細の見方★院内勉強会』

▼1本6,000円で提供している7教材はこちらからです。

問い合わせ

その他、お問い合わせはこちらから受け付けております。

お気軽にご相談ください。

ABOUTこの記事をかいた人

丹羽 浩之

株式会社ユメオカ代表 丹羽浩之。 ユメオカとは「夢とお金の作戦会議」の略。 2004年に独立後、現在までに教材は30種類以上を開発し、全国3,000医院以上がユメオカ・ノウハウを活用し予防型経営に取り組んでいる。 そして全国8名の提携コンサルタントによるコンサルティング、【会員制】予防型経営★実践アカデミー、【会員制】歯科『採用★定着』実践ラボを主催している。 また予防歯科、予防医療の普及に最も精力を注いでいる。 座右の銘は「得意淡然、失意泰然」。