売上2億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

歯科医院の平均売上が4,000万円程といわれています。そのため売上2億円の歯科医院は平均医院の5倍もの売上を1医院で売り上げていることになります。そして1医院での売上が高くなると、コスト割合が低くなり利益率が高まります。そこで1医院で2億円売上医院の院長年収はいくらかを説明します【動画(約2分)解説付き】。

集合写真

勤務医を雇用したが、院長指名が集中してしまう医院の対応策

ドクターが院長一人では既に限界で、予約もとりづらくなっている医院は勤務医の雇用を考えていると思います。しかし実際に勤務医を雇用してもしばらくすると、院長指名ばかり集中してしまい、院長だけが多忙になる例も少なくありません。このような医院のために院長指名が集中しない患者さんへの説明方法についてお伝えします。

売上1億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

歯科医院において売上1億円以上の医院は5%(20件に1件)以下と言われています。医療のため売上増が主目的ではありませんが、お金がなければビジョン実現のために使うお金が得られません。それは同時に患者さんに喜んで頂く医院づくりに向かい続けることもできなくなります。そこで、ここでは『売上1億円医院の歯科院長は年収がいくらぐらいなのか?』についてモデルケースを出してお伝えします。

笑顔の歯科医師

無知はコスト!歯科医院開業前に「1本2分」動画で学べる歯科医院ミニ経営セミナー(10本)

開業を控える歯科の先生に役立つトピックを1トピック2分程度で10動画にまとめて無料で提供しています。開業前に、知っているか知らないかだけで、不必要な費用を使うこともなくなります。開業に向けて万全の準備をして、開業前も開業後も輝く未来に前進するのに役立てればと思います。

歯科診療室

昇給には上限を!それでもスタッフが自立的に成長する給与制度があります

毎年の昇給は院長にとって頭が痛い悩みです。「頑張っているスタッフに昇給をしてあげたいが、医院利益を圧迫しないか」「このまま昇給が続くと、医院の人件費はどこまで膨れ上がるだろうか」といった漠然とした不安が生じるためです。このような悩みに毎年、頭を痛めずにスタッフも自立的に成長できる給与制度の考え方と方法をお伝えします。

歯科医師

勤務医のやる気を引き出す! 歩合給か固定給か?

「勤務医のやる気を引き出しながら、チーム医療で皆が協力し合える予防型歯科医院をつくりたい」という医院は多くあります。ここでは予防型歯科医院にとって「歩合給導入によりどのようなデメリットが生じるか」をお伝えし、「勤務医の固定給をどのように変更すると良いか」について記述しました。

患者とスタッフ

焦らない!リコール数の 月間50人以上増には6ヶ月以上かかる

「歯科衛生士も多い、ユニットも余っている」このような状況が続くと、医院の課題はリコール増になります。もちろん、予防管理型歯科医院づくりにシフトしていくためにリコール増は永遠の課題ではありますが、上記のような状況が続くと院長はどうしても焦ってしまいます。「なぜ、うちの医院は自分だけ忙しくて・・・」というようにです。

笑顔の歯科医師

勤務医募集の求人ホームページに記載する内容は勤務医の不安を解消すること

2018年以降、勤務医の採用が一段と難しい時代になりました。そして、勤務医の育成や定着にも頭を悩ますことが多くなった院長も増えました。そこで重要なのが勤務医の方の漠然とした不安を知り、貴院の育成カリキュラムを作成することです。この1枚のシートを作成する意味や効果についてお伝えします。

岡村さん

リコール枠の適正な予約時間は 基準を持つことが重要です 対談【Ⅲ】:岡村乃里恵様

リコール枠は30分、45分か60分か。時間が短ければ歯科衛生士さんは大変になり「しっかり処置できない」「お伝えしたいことが伝えきれない」となります。もちろん予約枠が長い方がゆとりをもって処置できます。「リコール枠の時間をどういう基準を持って決めればよいのか」について、歯科衛生士の岡村乃里恵さんにお聞きしました。

岡村さん

リコールの継続化はツールではなく、 気づきを与えることから 対談【Ⅱ】:岡村乃里恵様

「リコールの継続化」これは全ての予防型歯科医院の重要な課題だと思います。様々なツールを使っても中々、成果が出てこない医院さんもいらっしゃるのではないでしょうか。リコール継続の取り組みを行いながら、成果がでていない医院さん向けに多くの歯科医院を支援す歯科衛生士の岡村乃里恵さんにお話しをお聞きしました。