CATEGORY 採用

「辞めたら補充する」という【場当たり的採用】から【ゆとりある採用】にシフトする

最近の求人環境はこれまでにないくら厳しいものになっています。そのため「人が採用できないので次のビジョンが見えない」という医院さんも増えました。そして「せっかく採用できてもスグに辞めてしまう」という悪循環に陥っていってしまう【場当たり的採用】から【ゆとりある採用】にシフトするために、採用にかけられる適正年間予算をまず把握する必要があります。

歯科事務長を雇いたい!適切な人材を採用し、長く勤務していただく条件があります

歯科事務長をはじめて雇いたいが「歯科医院の事務長はすぐ辞めてしまう」という話も周りの医院で実際によく聞かれることと思います。せっかく、歯科事務長を採用しても1年や2年で辞められてしまうと投資効果もないため、院長としては事務長採用に迷うはずですそこで、今回は歯科事務長として適切な人材を採用し長く勤務していただく条件についてお伝えします。

はじめて歯科事務長を雇いたい!その仕事内容や年収について教えて欲しい

事務長を常勤で雇うか否かを迷われている院長が増えています。その選択肢としては[受付スタッフが兼任][パートの事務長][外部の事務長][常勤の事務長]があります。そして事務長にどんな仕事を依頼したらよいのか? また年収や費用(外部の場合)はどれぐらいを支払えばよいのか?を明確にする必要があります。しかし、参考になる情報がないと明確にできないと思います。そこでここでは『事務長のタイプ、仕事の全体像、求人や年収』についてお伝えします。

勤務医募集の求人ホームページに記載する内容は勤務医の不安を解消すること

笑顔の歯科医師

2018年以降、勤務医の採用が一段と難しい時代になりました。そして、勤務医の育成や定着にも頭を悩ますことが多くなった院長も増えました。そこで重要なのが勤務医の方の漠然とした不安を知り、貴院の育成カリキュラムを作成することです。この1枚のシートを作成する意味や効果についてお伝えします。

歯科医院の採用ホームページ、応募が増えない理由は 医院目線から求職者目線になっていないから

広告

昨今は歯科業界においても過去に例を見ないほど、求人環境が厳しくなりました。そこで求人ホームページを制作する際に取り入れることで、求職者の精読率をあげる盲点についてお伝えします(このページを制作会社さんと共有してみてください)。

採用のミスマッチを減らす! 「面接質問シート」を作成しましょう

「面接で当院に合った人材かどうかを見極めたい」院長が切実に願うことの1つです。しかし、実際にはミスマッチ採用が歯科業界にも至る所にあり、院長方も苦しまれています。「面接でどんな意図をもってどんな質問をするか?」というシートを作成しておくことでミスマッチが減り、求職者も期待をもって入職していただくことにつながります。

受付・歯科助手の応募が1件も来ない! 職種名を変えて募集してみる

2018年後半、歯科助手や受付の職種で求人を行うと、2年前に比べると大幅に応募数が落ちる医院が増えました。歯科助手や受付も、ここまで大変になるとは2年前には想像もつきませんでした。しかし、ここには意外な盲点がありました。これから歯科助手や受付の方の求人を行う医院さんは、一度お読みいただければと思います。

小規模医院の勤務医募集、ありがちな求人内容では1人も応募がありません

勤務医の募集に苦労している医院さんは2017年以降、益々増えています。大規模医院に勤務医が流れやすいというのは事実ですが、一方でユニット5台以下の小規模医院でも勤務医採用を困らずにできている医院さんも実際にはあります。今回は小規模医院で勤務医を募集したい時の求人内容の視点についてお伝えします。

Indeedで無駄な費用を使わないために見る2つの指標

Indeedは広告の有料掲載はもちろん、無料掲載もできます。そのため、求人が緊急で必要ない時以外は無料掲載にしながら、活用されている歯科医院さんも多いでしょう。そして運用する時に閲覧できる『パフォーマンス・レポート』があります。このレポートで知っておかないと無駄な予算ばかり消化されてしまう2つの指標についてお伝えします。