「辞めたら補充する」という【場当たり的採用】から【ゆとりある採用】にシフトする

最近の求人環境はこれまでにないくら厳しいものになっています。そのため「人が採用できないので次のビジョンが見えない」という医院さんも増えました。そして「せっかく採用できてもスグに辞めてしまう」という悪循環に陥っていってしまう【場当たり的採用】から【ゆとりある採用】にシフトするために、採用にかけられる適正年間予算をまず把握する必要があります。

口コミや評判で貴院のホ-ムページを見た患者さんが共感し新患につながる方法

スマートフォンの登場によって、歯科医院に初診で受診しようとする患者さんの多くが事前に貴院のホームページをチェックする時代になりました。そして歯科医院のホームページでは通常、「院長紹介」「スタッフ紹介」というページはトップページの次にアクセス数が多くなります。「診療内容」のページよりも一般的には多くなります。そこで今回は、ミスマッチがなく患者さんも喜び、医院側も力を発揮できる新患に巡り合うために有効な方法をご紹介します。

厚労省のスライド(資料)がよくできています!これをリコールの中断対策に使います

国(厚労省)も予防歯科、口腔ケアの推進に本格的に動き出しました。2018年の骨太の方針からもそれが読み取れますし、厚労省が出している資料にもそのことが読み取れます。そこで、厚労省の資料を上手く活用して、患者さん向けの説明・カウンセリングに活かしていきたいものです。今回は、その活用事例を4つお伝えします。

歯科の展望と2019年、これから成長する診療メニューがあります

予防型歯科医院は、来院者の口腔内の意識がどんどん高まるため、新メニューを提案し続けると来院者の方々に喜ばれます。しかし、新たな診療メニューを増やすことは時間も先行投資となるお金(研修や設備など)も必要のため、時流を考慮に入れた新メニューが必要です。そこで、ここでは成長する歯科新メニューを<<4つ>>ご紹介します。

歯科医院スタッフの人間関係を良くして成長する医院をつくる

歯科医院スタッフ同士の人間関係が良い医院は、その環境を維持できるように調整するコンサルティングのみ行えば、自然に医院は成長します。外部から増患や自費率向上策についてあれこれレクチャーすることは、求められない限り行わない方が医院はどんどん進化します。そこで、今回は『成功循環モデル』に当てはめて、医院成長の原動力について記しました。

予防歯科の明るい展望とリコール率向上の3つの着眼点

2019年以降、予防歯科にようやく明るい時代がおとずれます。その理由は3つあります。1つ目は2018年発表の国の骨太の方針、2つ目に医科の先生達による予防歯科の促進、3つ目は企業のサポートです。そこで、これらの予防歯科の明るい未来を見据えながら、リコール率向上の3つの着眼点をお伝えします。

歯科事務長を雇いたい!適切な人材を採用し、長く勤務していただく条件があります

歯科事務長をはじめて雇いたいが「歯科医院の事務長はすぐ辞めてしまう」という話も周りの医院で実際によく聞かれることと思います。せっかく、歯科事務長を採用しても1年や2年で辞められてしまうと投資効果もないため、院長としては事務長採用に迷うはずですそこで、今回は歯科事務長として適切な人材を採用し長く勤務していただく条件についてお伝えします。

はじめて歯科事務長を雇いたい!その仕事内容や年収について教えて欲しい

事務長を常勤で雇うか否かを迷われている院長が増えています。その選択肢としては[受付スタッフが兼任][パートの事務長][外部の事務長][常勤の事務長]があります。そして事務長にどんな仕事を依頼したらよいのか? また年収や費用(外部の場合)はどれぐらいを支払えばよいのか?を明確にする必要があります。しかし、参考になる情報がないと明確にできないと思います。そこでここでは『事務長のタイプ、仕事の全体像、求人や年収』についてお伝えします。