電話はあるのに予約がとれない悩みを抱える医院長必見!新患を逃さない受付にする為の最強スキル

新患数は受付スキルで2割程変わってきます。といいますのは、電話で新患予約が入っても「患者さんが望むこと」と「医院の予約状況」を上手く結び付けられないと、電話された方は逃げてしまうためです。しかし、受付がトークスキルだけ磨いてみても成果が継続化しません。ここでは成果が継続化するために必要なこともお伝えします。

患者さんの不安の正体を 知らないと、信頼関係は前進しません

患者さんは不安があっても、中々それを伝えることができません。そのため、直接的に不安を聞くのではなく間接的な聞き方をされるケースがよくあります。それをスタッフが軽く流してしまうと、患者さんの不安は積み重なってしまい、中断などにつながります。そこでここでは、患者さんの不安を上手く引き出すコミュニケーション術をお伝えします。

リコールが継続しない時は来院回数調査をしてみましょう

リコール数が月間100人までは右肩上がりで伸びてきたのですが、月間200人の壁があり停滞気味という医院さんは少なくありません。リコールが継続しない理由について患者さんを3つの層に区分けし、200人の壁を乗り越えられるために、どの患者層にカウンセリングしていけばよいかをここではお伝えします。

表

歯科医院の利益率改善は4つの指標を基準値よりあげること

「利益が残る経営」とは一言で言えば、バランスの良い経営です。またバランスが悪いまま医院を拡大するとリスクばかりが増え、院長が安心して寝られる日が少なくなってしまいます。そのため院長はまず、歯科医院経営で利益が残る仕組みを知ることからです。ここではそれをお伝えします。

提案する自費診療が「高い治療」かどうかはスタッフではなく患者さんが決めること

自費診療を提案する時、「患者さんが嫌な顔をされないか」「これまで築いてきた関係性が悪くならないか」と不安に思うことはよくあります。それが無意識に言葉に出てしまうケースがあります。ここではそれを認識し、改善するコミュニケーション術をお伝えします。

歯科検診を受ける若い男性と歯科医師

スタッフの成長に必須!「患者さんからかけられる声」を基準にした4段階目標設定法

スタッフの成長は、予防管理型歯科医院の院長にとって大きな喜びです。そしてスタッフが最も成長する意欲が生まれるのは「院長からの言葉」ではなく「患者さんからの言葉」です。そして、それは成長の過程でが変化してきます。ここでは、それを4つのレベルに分けてお伝えします。先が見えると、スタッフの目標が生まれやすくなります。

マスクを着けた歯科医師と歯科助手

スタッフの年代別コミュニケーションを知り、ストレスのない歯科医院経営

院長はスタッフとのコミュニケーションにおいて「上手く伝わらない」という経験は誰もがあるのではないでしょうか。同じことを伝えるにも「上手く伝わるスタッフ」と「上手く伝わらないスタッフ」がいます。ここでは、その理由とコツをお伝えしています。