TAG 歯科医師

患者さんからの指名が院長だけに集中!勤務医にも予約を分散させる方法

複数の歯科医師がいて「患者さんが安心して治療を受けられる」ように歯科医師の指名ができる歯科医院も増えてきました。患者さんによってあう歯科医師は違うため、指名制は患者さんが継続して来院していただくためにも有効な方法です。一方、指名制にすることで院長だけに指名が集中してしまうこともよくあります。この問題を解決するコミュニケーション法についてお伝えします。

「1億円で成功」は幻想です!これから開業する先生にとって1億円は最低ラインです

笑顔の歯科医師

これまで歯科界では「開業して1億円」なら、なんとなく成功と言えるような時代でした。しかし成功を「スタッフが長く働ける環境があり、患者さんが喜び、院長も次のビジョンを描く余裕が持てる」と定義すれば、「1億円 = 成功」はもはや幻想です。この事実をこれから開業する歯科医師の方に知ってただいた上で開業し、幸せな歯科医師ライフにつなげて頂きたいです。

開業医の中央値である売上3,600万円で実際、勤務医時代よりも年収は増えるのか

開業して最も多い売上層はどれぐらいで、その医院収支はどんな状態かを知っていますか。これを知らずに開業するのはとてもとても危険です。開業とは多額な借金を抱えて行うことが多く、一度開業してしまうと方向修正はほぼできません。そこで、誰も教えてくれない!最も多い売上層の開業医の実態をここでは浮彫りにしてみました。

これからの歯科は歯周病治療の時代になる!その理由はデータから読み取れます

笑顔の歯科医師

今から15年前、歯科に最も求められていた治療は欠損補綴(インプラント)です。当時は人口の多い団塊の世代が50代後半に差し掛かり、欠損補綴の需要が増え、デンチャーやブリッジ以外の選択肢であるインプラントが脚光を浴びていたためです。しかし、これからは違います。これから歯科に求められるニーズについて各種統計から読み取れることをベースに推察してみました。とりわけ20代、30代の若い歯科医師の方々にお読みいただきたい内容です。

売上2億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

歯科医院の平均売上が4,000万円程といわれています。そのため売上2億円の歯科医院は平均医院の5倍もの売上を1医院で売り上げていることになります。そして1医院での売上が高くなると、コスト割合が低くなり利益率が高まります。そこで1医院で2億円売上医院の院長年収はいくらかを説明します【動画(約2分)解説付き】。

勤務医を雇用したが、院長指名が集中してしまう医院の対応策

集合写真

ドクターが院長一人では既に限界で、予約もとりづらくなっている医院は勤務医の雇用を考えていると思います。しかし実際に勤務医を雇用してもしばらくすると、院長指名ばかり集中してしまい、院長だけが多忙になる例も少なくありません。このような医院のために院長指名が集中しない患者さんへの説明方法についてお伝えします。

売上1億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

歯科医院において売上1億円以上の医院は5%(20件に1件)以下と言われています。医療のため売上増が主目的ではありませんが、お金がなければビジョン実現のために使うお金が得られません。それは同時に患者さんに喜んで頂く医院づくりに向かい続けることもできなくなります。そこで、ここでは『売上1億円医院の歯科院長は年収がいくらぐらいなのか?』についてモデルケースを出してお伝えします。

勤務医のやる気を引き出す! 歩合給か固定給か?

歯科医師

「勤務医のやる気を引き出しながら、チーム医療で皆が協力し合える予防型歯科医院をつくりたい」という医院は多くあります。ここでは予防型歯科医院にとって「歩合給導入によりどのようなデメリットが生じるか」をお伝えし、「勤務医の固定給をどのように変更すると良いか」について記述しました。

勤務医募集の求人ホームページに記載する内容は勤務医の不安を解消すること

笑顔の歯科医師

2018年以降、勤務医の採用が一段と難しい時代になりました。そして、勤務医の育成や定着にも頭を悩ますことが多くなった院長も増えました。そこで重要なのが勤務医の方の漠然とした不安を知り、貴院の育成カリキュラムを作成することです。この1枚のシートを作成する意味や効果についてお伝えします。

勤務医の開業を応援する ヨリタ歯科クリニックさん

「勤務医の開業は応援したいけど、辞められたら困る」というのが多くの院長の想いだと思います。そのため「早く開業されたら困る」という理由で、経営のことはできるだけ後で学んでいただくという院長もいらっしゃいます。寄田幸司先生はそのことをよくご存じで、一貫して「勤務医の開業を応援する」という姿勢を貫いています。