【歯科院長の年収や歯科医院の収支】にまつわる人気記事まとめ

こちらでは、【歯科院長の年収や歯科医院の収支】に関する人気記事をまとめています。
モデルケースや図を用いた、わかりやすい内容の記事となっています。
医院のさらなる展望を見据えた院長や、これから開業を考えている歯科医師の方におすすめです。

【歯科院長の年収や歯科医院の収支】にまつわる人気記事4選

売上2億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

売上2億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

こちらの記事では、売上が2億円ある歯科医院をモデルケースにお話しています。

売上が2億円の歯科医院では院長の年収がいくらになるのか、収支の内訳などについて詳しく解説しています。

売上1億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

売上1億円医院の開業歯科医師の年収はいくらか?

こちらの記事では、年間売上が1億円ある歯科院長の年収について、お伝えしています。

売上1億円は【成功ライン】ではなく【スタートライン】ということを、こちらを読んで理解しておきましょう。

「1億円で成功」は幻想です!これから開業する先生にとって1億円は最低ラインです

「1億円で成功」は幻想です!これから開業する先生にとって1億円は最低ラインです

こちらの記事では、年間売上が1億円ある医院の収支を公開しています。

また、これから開業を考えている歯科医師の方に向けて、年間売上1億円が最低ラインになる理由についてお話しています。

開業医の中央値である売上3,600万円で実際、勤務医時代よりも年収は増えるのか

開業医の中央値である売上3,600万円で実際、勤務医時代よりも年収は増えるのか

こちらの記事では年間売上が3,600万円の歯科医院の院長年収や、その利益を公開しています。

勤務医と院長ではどのくらい仕事の量が違うのかについてもお話ししています。

年間売上が3,600万円前後の院長はもちろん、これから歯科医院の開業を考えている勤務医の方は必見です。

関連記事

医院の売上をスタッフに公開したい!誤解なくスムーズに伝える手順とは

あなたの医院の価値を無料で自動算出!医院価値を知って出口戦略をつくりましょう

関連教材

予防型経営・実践アカデミーの大バナー

『予防型にシフトしていきたい』と思いながら、

・どのようにスタッフに浸透させたらよいか?

・患者さん教育の在り方はどう考えればよいのか

といった方向性の課題から、

・スタッフ中心医院での昇給制度

・キャンセル空き時間の活用

・教育カリキュラム

といった現場レベルの課題まで色々と院長には考えることがあり1人で考えていると全然進まない、という方も多いでしょう。

このように考える院長向けに【予防型経営★実践アカデミー】の中から下記の7本を教材として単品(@6,000円)で提供しています。

1テーマごとに毎月30~40分ほどの映像コンテンツと医院で編集して使えるツール類を提供しています。

□『後継者問題を解決する40代からはじめる価値ある医院づくり』

□『育成カリキュラム作成・活用法  ~ 歯科医師、歯科衛生士版 ~』

□『20人以下の医院のためのスタッフ昇給、賞与、院長報酬』

□『空き時間の有効活用でより働きやすい医院へ』

□『医院一丸になり患者さんに集中できる一人必要売上の共有』

□『日常では気づきにくい予防型歯科医院で働くやりがい』

□『給与明細の見方★院内勉強会』

▼1本6,000円で提供している7教材はこちらからです。

お問い合わせ

その他、お問い合わせはこちらから受け付けております。

お気軽にご相談ください。

ABOUTこの記事をかいた人

丹羽 浩之

株式会社ユメオカ代表 丹羽浩之。 ユメオカとは「夢とお金の作戦会議」の略。 2004年に独立後、現在までに教材は30種類以上を開発し、全国3,000医院以上がユメオカ・ノウハウを活用し予防型経営に取り組んでいる。 そして全国8名の提携コンサルタントによるコンサルティング、【会員制】予防型経営★実践アカデミー、【会員制】歯科『採用★定着』実践ラボを主催している。 また予防歯科、予防医療の普及に最も精力を注いでいる。 座右の銘は「得意淡然、失意泰然」。