TAG 患者心理

自費提案をスタッフが罪悪感を感じずに行う方法

「補綴の自費提案が上手く話せない」、「提案辞退を行いたくない」というスタッフどのような医院にもいます。その理由は実は経験がない、スキルがないということではありません。そこにはマインド面で罪悪感を感じてしまうためです。ここではそれを精神論ではなく乗り越える方法をお伝えします。

電話はあるのに予約がとれない悩みを抱える医院長必見!新患を逃さない受付にする為の最強スキル

新患数は受付スキルで2割程変わってきます。といいますのは、電話で新患予約が入っても「患者さんが望むこと」と「医院の予約状況」を上手く結び付けられないと、電話された方は逃げてしまうためです。しかし、受付がトークスキルだけ磨いてみても成果が継続化しません。ここでは成果が継続化するために必要なこともお伝えします。

患者さんの不安の正体を 知らないと、信頼関係は前進しません

患者さんは不安があっても、中々それを伝えることができません。そのため、直接的に不安を聞くのではなく間接的な聞き方をされるケースがよくあります。それをスタッフが軽く流してしまうと、患者さんの不安は積み重なってしまい、中断などにつながります。そこでここでは、患者さんの不安を上手く引き出すコミュニケーション術をお伝えします。

リコールが継続しない時は来院回数調査をしてみましょう

リコール数が月間100人までは右肩上がりで伸びてきたのですが、月間200人の壁があり停滞気味という医院さんは少なくありません。リコールが継続しない理由について患者さんを3つの層に区分けし、200人の壁を乗り越えられるために、どの患者層にカウンセリングしていけばよいかをここではお伝えします。

無駄な投資にしない!新患を集める歯科院のWEB活用とは?

継続的な新患対策、それも医院に合った患者さんを集めるには今やWEB、特にスマホ版は必須です。しかし、ネットを中心に新患を集めると落とし穴にも陥ります。そこで現在、医院においてWEBをどのように位置づけ活用するかの考え方と方法をお伝えします。

提案する自費診療が「高い治療」かどうかはスタッフではなく患者さんが決めること

自費診療を提案する時、「患者さんが嫌な顔をされないか」「これまで築いてきた関係性が悪くならないか」と不安に思うことはよくあります。それが無意識に言葉に出てしまうケースがあります。ここではそれを認識し、改善するコミュニケーション術をお伝えします。