無駄な投資にしない!新患を集める歯科院のWEB活用とは?

継続的な新患対策、それも医院に合った患者さんを集めるには今やWEB、特にスマホ版は必須です。

しかし、ネットを中心に新患を集めると落とし穴にも陥ります。

そこで現在、医院においてWEBをどのように位置づけ活用するかの考え方と方法をお伝えします。

患者さんが医院でWebを使う理由はどんどん進化しています

現在、貴院での「Web活用」はどれくらい行っていますか?

①毎月、アクセス数などを見て、しっかり改善している

②とりあえずWebを作ってはいるが、ほとんどメインテナンスしていない

③Webすら出していない

昨今では、さすがに③の医院はかなり少数派になりましたが、大半は②です。

とりあえず作ったWebで集患……が効果絶大ならいいのですが、真偽のほどはどうでしょうか?

例えば、初診の問診票に「来院したきっかけ」を確認している医院では「ホームページ」という答えが増えていると実感される方もいるでしょう。

しかし、この「ホームページ」をそのまま信じてみても意味がありません。

よくよく聞いてみれば、患者さんは知り合いの人に聞いて、医院を教えてもらって、ホームページで確認する……という経過をたどっていることが見えてきます。

しかし彼らは、問診票では「ホームページ」と回答する場合もあるのです(その逆もあります)。

ここに、Webの本当の価値が隠れています。

患者さんが最初に医院を決めるものとしてのWebは、地域に関わらず、重要な役割を果たして10年以上程経過しています。

カルテ

ネット経由の新患にはある特徴があります

例えばPPC広告(検索すると、有料広告欄に表示される広告)などを活用している医院さんはお分かりでしょうが、アクセス数と初診数はかなり高い確率で比例します。

しかし、ネット広告の効果で新患数が多くなっている医院は、キャンセル率や途中中断率が高い共通点もあります。

キャンセル率は15%を超えているところが多いのです。

なぜなら、歯科ジプシー(いろんな歯科医院を渡り歩く人達)が、来院するためです

「ネットで集患できた!」でも、「キャンセル率や途中中断率が増えた!?」では、投資効果が低いどころか、マイナスにもなります。

それに気づいてWebを活用できる医院は、集患効果は絶大です。ではWebを活用できる医院とはどんな医院か?

ユメオカでは、新患数の半分が口コミ、紹介で来ているかどうかがWeb集患に尽力すべき条件だと豊富な統計データから見出しました

こういう医院は、受け入れられる余力さえあれば、Webやネット広告に力を入れる価値があります。

実際に、Webを開設しておらず、新患は全て紹介のみ、キャンセル率も低くリコールも一定数いる、という医院があります。

このような医院さんこそ、Webを開設し、スマホ対応もして、医院方針を伝えていけば、じょうろのようなチョロチョロ程度の患者増が、大滝のように変わるでしょう。

Webは、あくまで≪レバレッジ≫です。

原資が乏しい医院、つまり、紹介、口コミによる新患が乏しい医院にとっては、どんなにWeb環境が進んでも費用対効果は低いのです。

1アクション
「来院理由」から、まず自医院の強み、特徴を確認してみよう。

この内容を動画(約2分)で詳しく説明しています。

関連記事

「1人の新患」よりも「1人の中断」の方が医院経営に影響する理由

2019年は新患を動画で集める時代に!YouTubeを活用して集患する


▶医科歯科連携・YouTube動画活用で予防型歯科医院をアップデートする!


 



▶「初診・治療計画・補綴計画・リコール」などカウンセリング教材


 


ABOUTこの記事をかいた人

丹羽 浩之

株式会社ユメオカ代表 丹羽浩之。ユメオカとは「夢とお金の作戦会議」の略。2004年に独立後、現在までに教材は30種類以上を開発し、全国3,000医院以上がユメオカ・ノウハウを活用し予防型経営に取り組んでいる。そして全国8名の提携コンサルタントによるコンサルティング、【会員制】予防型経営★実践アカデミー、【会員制】歯科『採用★定着』実践ラボを主催している。また予防歯科、予防医療の普及に最も精力を注いでいる。座右の銘は「得意淡然、失意泰然」。