リコールの必要性を自分ごととして発信してもらう為には医科の先生の声を伝えることでリコール来院者からの口コミが増えます!

長く定期的にリコールに通われている来院者の方々は一般的にデンタルIQの高い方々です。しかし、その方々からの口コミからは中々、リコール増につながりません。

家族や周りの人に予防歯科に通っていることは何度も伝えられているでしょうが、予防歯科での新患は中々増えないのが現実です。

その理由は「人は熱くなれば熱くなるほど、相手が冷める」にあります。また、今はスマートフォンで普通に動画再生できる時代です。

そこで、今回は医科の先生達の動画や資料を上手く使った効果的な伝え方についてお伝えします

リコール来院者からの口コミが進まない理由

一般的にリコールで来院されている患者さんは、口腔内の意識が高い方です。

しかし、その方がご家族や知人の紹介をしてくださるかというと、現実は難しいものです。なぜなら「自分は予防歯科の大切さを認識している。周囲にもそのことを話し、理解されている。けれど実際に周囲が行動するには至っていない」というケースが多いためです。

これは特殊なことではありません。

ただ単にリコール来院者が周囲に「予防歯科は、むし歯や歯周病の予防になるから、将来、歯を残すためには必要だ。全身の病気とも関連があるから、その予防にもなるよ」と伝えても、相手からすると話は分かるけど、どこか他人事だと思ってしまいます。

つまりは自分事だと捉えられないため、予防で歯科に行く、という行動につながらないのです。

笑顔の歯科医師

予防歯科の新患増は医科の先生によるメッセージを活用

そこで、リコール来院者から家族や知人へ、自分事として捉えられるような話を医院が行いましょう。

話の切り口に有効なのは、医科の先生達によるメッセージです。例えば「今は糖尿病において、医科と歯科の両方で治療していく時代になっている」「口腔ケアを継続することは、糖尿病の薬が減ることにつながる」というように、糖尿病専門医の先生が話をされていると伝えます。

具体的には、YouTubeの動画や書籍などに、医科の先生達による予防歯科推進のメッセージが多くでています。リコール来院者の家族で糖尿病に近い状態の人がいれば、その切り口から話ができ、それを聞いた当人は自分事として捉えやすくなります。

方法としては、

1)リコール来院者にチェアサイドで『糖尿病と口腔ケアの関係性をご存知でしたか?』と尋ねます。

 

2)『簡単にお話しさせていただきますね』といって、1枚のスライドや資料をお渡しします。

 

3)資料をもとに、上述したような糖尿病と歯周病の関係について

『こういったことを(書籍著者)●●先生のような医科の先生達が言われるようになりました。まだあまり知られていないので、多くの人に知っていただきたいと思っています。身近にいらっしゃったら教えてあげてくださいね』

というようにお話しします。

そうすると「うちの主人も前回の健康診断で糖尿病に近い状態にあったので、さっそく伝えてみます」というように言われる方が出てきます。

 

今後は 医科の先生達のメッセージを活用して、予防歯科の新患が増える時代です。糖尿病以外にも認知症、妊婦さんなども同様です。

 

1アクション
医科の先生達による予防歯科啓蒙の動画や資料を上手く使う

関連記事

2019年は新患を動画で集める時代に!YouTubeを活用して集患する

集患できるホームページは患者さんの悩みを入れることで医院コンセプトに合う増患対策しています

 


▶医科歯科連携・YouTube動画活用で予防型歯科医院をアップデートする!


 



▶「初診・治療計画・補綴計画・リコール」などカウンセリング教材


 


ABOUTこの記事をかいた人

丹羽 浩之

株式会社ユメオカ代表 丹羽浩之。ユメオカとは「夢とお金の作戦会議」の略。2004年に独立後、現在までに教材は30種類以上を開発し、全国3,000医院以上がユメオカ・ノウハウを活用し予防型経営に取り組んでいる。そして全国8名の提携コンサルタントによるコンサルティング、【会員制】予防型経営★実践アカデミー、【会員制】歯科『採用★定着』実践ラボを主催している。また予防歯科、予防医療の普及に最も精力を注いでいる。座右の銘は「得意淡然、失意泰然」。